<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧




で、ヒューザー問題は?

先に言っておくと、私は堀江さんの支持者ではないです。
そちらかといえば、あんまり好きじゃないなぁと思っていたクチです。
ただ、今のマスコミの取り上げようはどうかな~とちょっと疑問ではあります。
あそこまで証拠や証言も出てきている以上、全く不正をしていないとは思いませんし、
本人が不正だと思っていたか思っていないかは知りませんが、やっていたのでしょう。
それは確かに大きな事件ですから、マスコミが取り上げるのは当然です。
でも、やっぱり違和感を感じるのは今まで持ち上げてきたのはマスコミだし、
今さらのようにライブドアは虚業だとか言われても、そんなの知ってたはずなので
前からそう思っていた風な発言をされてもねってどうしても思っちゃいます。

それからもう1つ。
ヒューザー問題どうしちゃったんですか?
本当はこっちの事件のほうがよっぽど大きな問題だと思うんですけどね。
(ライブドア事件ももちろん大きな問題ですよ。世界の株価にまで影響与えたんですから)
すっかりライブドアの話しの陰に隠れてしまって、これでは思うツボですよね。
ヒューザー問題をコレ以上突っ込まれたくなかった人達の思惑が感じられて・・・
マスコミの方々なんて絶対に分かっているはずですよねそんなの。
それでも、それに乗っかるってことはまあ同類ってことなのでしょうか?
そう思うと、有罪にしても『見せしめ』『話題のすり替え』感は否めません。
だって、他にもあんなことやってる会社山ほどありますでしょ?
先に捕まるべきところは捕まらない。
それをあえてライブドア。しかもあの時期。
ライブドアなら話題性抜群ですからね。

ただ
[PR]



by wasahana | 2006-01-27 01:47 | 普通な日

忘れてたさ。

パク・シニャン来日、羽田にファン殺到

そういえば、来日するんでしたね。
パク・シニャンssi。
「パリの恋人」は面白かったし、あの役もよかったですよね~
好きな俳優さんではありますが、どうもファンミには足を踏み入れられない・・・
羽田にお迎えに行った1200人のような皆様の中に入るのも気が引けるし、
まあ、あとは日本がカモられてるのがちょっとイヤな理由。
あ、これパク・シニャンssiのことではなくて来日する皆さん全般のお話です。
韓国の本当のファンミって無料だったりするんですって。
韓国で開催されるファンミも韓国人の皆さんは無料で、日本人は高いお金取られてたり
するようです。みんなそれでも行きたいのだからそれはそれでいいのでしょうね。

ところで、パク・シニャンssi。
服のセンスが・・・

韓国の男の人割とみんなセンス悪い傾向があるけど。
[PR]



by wasahana | 2006-01-25 23:41 | 韓国系

『リボン』

ちゃんと買いましたよ『リボン』発売日に(実際には前日ですが)。
思えば次のアルバムのタイトルが『リボン』だと発表された時、
もう心配で心配で・・・どうなることかと思っていたのが懐かしい・・・
『リボン』買ったには買ったのですが、やっと先週末にちゃんと聞いたのです。
新年早々かなりテンション低い感じだったものでね。
そういえば、何年前だかも忘れたけれどすっごく落ち込んでいた頃があって
その時はミスチルの『終りなき旅』に助けられたんだった。
今回はゆずの『アゲイン2』で乗り切った?かな?

で『リボン』。
だいたいゆずでもミスチルでも最初から好きな曲と、
聞いているうちに好きになる曲と、
ライブで好きになる曲という風に時差がある。
まずは、まだ聞き始めて間もないってことで「最初から好きな曲」。
(「超特急」「陽はまた昇る」除く)
「リアル」「冷めたコーヒー」「しんしん」「ダスティンホフマン」「夕立ち」。
これがまた聞いているうちに変わったりするからね。
あくまでも現時点で好きな曲です。

ライブ楽しみだなぁ。
埼玉は諸事情あり行けなかったので残念ですが。
横アリまで我慢ですね。

ところで「もうすぐ30才」のCMを見たもうすぐ30才の友人から
「あのゆずのCMなんですかぁ、アレ」って苦情のメールが来ました。
最近ゆずさんが各所でおっしゃっている「29才って言うとちょっとでも若く見せようと
している感じがして・・・」というようなことを説明したらちょっと納得し、
そして、同じ年なので許すと言っておりました。
[PR]



by wasahana | 2006-01-23 22:57 | ゆずみすちる

やっとゆっくり眠れそう。

やっと復活です。
新年早々、会社で色々とありまして先週末はボロボロ(精神的に)。
まあ最初は会社のいうことだからとなんとか自分を納得させようと思っていたのですが、
思いの他ダメージが大きかったようで、まずは眠れない。
今まで生きてきて眠れなかったってないんですよ私。
それなのに・・・
で、眠ったと思えば髪がごっそり白髪になる夢をみたり。
起きても夢と現実との区別がつかなくなっていたりと、マジでやばい状態。
まあ、その自覚があるからまだ大丈夫なんだとは思うのですけどね。
家に篭ると余計にマズい感じなので、ホットヨガで気晴らしでもと思えば
前回に引き続き気持ち悪くなるし・・・(これは関係ないか・・・)
気持ちもどんどん沈んでいた時に、女性起業家の人が書いた本を立ち読みしました。
会社がいやだなと思った場合方法は3つ。
我慢するか・変えるか・辞める。
嫌なのだから我慢するという選択肢はないから「変える」か「辞める」かのどちらかだと。
まあ、当たり前といえば当たり前のことが書いてあったわけですが
こんな精神状態だったので週明けには「辞めます」って言おうかって勢いだったもので
「辞める」前に「変える」提案くらいしてもよいだろうと。
運よくその「変える」が採用されそうで、めでたく復活というわけです。
今年はいろんな占いで「よい年」と言われているのに
もう絶対信じないと見えないところに本をしまったのですが、
まだ運はかろうじて味方をしてくれているようだ。
いやいやヘビィな週末だった。
[PR]



by wasahana | 2006-01-17 23:44 | 普通な日

はなび出張中。

d0041290_22521385.jpg
年末に引越しをしましたが、ソウルに行ったりしたいたため未だ部屋が片付いておりません。
前の部屋で置いていた家具と今の部屋での配置が微妙に合わずすっきりしないのです。
何かを買い換えてすっきりさせたいな~と考え中。
部屋の中がまだごちゃごちゃしているので「はなび」は実家に出張中。
「わさび」と仲良く?けんかしながら遊んでます。
ちょっと寂しくなってきたので早く片付けてお迎えしなくてはね。
[PR]



by wasahana | 2006-01-09 22:52 | わさびとはなび

授業の後は

今回のソウルでは結構1人でいろいろ行きました。
初めての韓国旅行の時に行った仁寺洞の伝統茶のお店にも
行って見ました。
店内に小鳥が飛んでいるお店でガイドブックにはよく載っている店。
ちゃんとお店の名前はありますが私達は「小鳥カフェ」と呼んでいます。
ここはトイレも雰囲気があって好きなのです。
今回は「梅茶」をいただくことに。
d0041290_2210157.jpg

龍山(日本でいうところの秋葉原)に電子辞書を買いに行き、
ちょっと初めての体験で緊張していたので帰りにゆっくりお茶させていただきました。
ちょっとホッとした一時。
せっかく仁寺洞へ行ったのでホットクを食べたかったのですけど、
あまりの行列に断念(だって寒いんですもの)。
でも、新村では1日おきに食べてましたけど。
おかげさまでソウルでちょっと太ったので、ただ今鋭意ダイエット中です。

さて、この日はさらに帰り道に市庁に寄りました。
市庁前の広場(2004年W杯の時に韓国サポーターが集っていたあの広場)の
イルミネーションがきれいだと聞いたのでちょっと帰りがけに見学に。
韓国はクリスマスが過ぎてもクリスマスツリーとか飾りっぱなしなんですよね。
だから各所にきれいなライトアップがあったりするんですけど、
市庁前広場のこれは、ミレナリオみたいなのでしたね。
規模がミレナリオとは違いますけど、これはこれできれいでしたね。

d0041290_22232327.jpg

[PR]



by wasahana | 2006-01-09 22:27 | 韓国系

ウェルカムトゥトンマッコル

d0041290_1916569.jpgちょっと遅いですが「ウェルカムトゥトンマッコル」を観ました。
昨年の超ヒット作で大韓民国映画大賞6部門で賞を取った作品。
日本で公開したら観に行こうと思っていたのでよかった。
これは、私は本当にお勧めです。
笑いあり、涙ありの良質な映画。
シン・ハギュン/カン・ヘジョン/チョン・ジェヨンなどが出演しています。

1950年11月、韓国戦争の真っ只中、戦争が起こっていることも知らずにのんびり暮らしている村トンマッコルがあった。
ここに連合軍の兵士スミスが墜落し村人に助けられる。
人民軍のリ・スファ達は村のヨイルに出会い村に連れてこられる。
そこへ国軍のピョ・ヒョンチョルたちもやってくる。
国軍・人民軍・連合軍が出会ってしまい銃や手榴弾を持って向かい合い緊張状態が続くがトンマッコルの村人たちは兵器も知らず不思議そうに彼らを見守るのだけ。
ヒョンチョルたちは手榴弾で誤って村の食糧庫を爆破してしまいお詫びのために停戦して農作業を手伝うことに。
そうした中、3軍の兵士らは力を合わせて巨大イノシシを倒し次第に打ち解けていくのだが、この幸せな村トンマッコルにスミスを撃ち落されたと思った連合軍が侵入してくる。

っていうような流れです。
まあこれでは映画の面白さは伝わらないと思うので是非観てください。
私も日本語に翻訳されたらもう一回ちゃんと観ようと思います。
[PR]



by wasahana | 2006-01-02 19:45 | 韓国系

ソウルでお勉強

今回もソウルに行った目的は「お勉強」な訳ですが、
初日のクラス分けテストの結果は昨年よりちょっとだけ上のクラスでした。
はぁ~昨年と同じレベルのクラスじゃなくてよかったよ・・・とりあえず。
担任の先生は細くてかわいい!ほかのクラスの先生も細くてかわいい先生が多くて
まさか、顔で採っているのか?と疑ってしまいました。
でも教え方はとっても上手でした。
今回の範囲は、日本でやったな~恐らくってところなんだけど今回でちゃんと分かった
って感じ。かなり丁寧に教えてくれるのでALL韓国語の授業だけどよく分かるの。
日本ではALL韓国語をやられると結構ついていくの大変なんだけど。
復習ができて収穫アリでした。
これをキープしないとダメなんだよね。
また行きたいな~行けるかな?
冬じゃない時に・・・
[PR]



by wasahana | 2006-01-02 19:08 | 韓国系

ソウルで映画館初体験!

d0041290_18245462.jpg
さて、ソウル入りして二日目に「面白かった!」と勧められて観に行った映画。
「作業(ナンパ)の定石」。
韓国で映画館はいるの初めてでちょっとどきどきしながらチケットを購入。
こちらの映画館は全部指定席なので日本みたいに当日並んで席取りってのがないので
始まる時間に行けばOK。
しかも安い。日本の値段で2本観られるし。

肝心の映画はというとソン・イェジンとソン・イルグクの主演。
かなり簡単に言うと、お互いナンパ師の二人がお互いの正体を知らずに出会い、
ナンパ合戦?っていうか口説き合戦を繰り広げるって感じですかねぇ。
言葉はね~私の実力では理解できてないところのほうが大部分なんだけど
まあ単純なコメディなのでそれでも十分楽しめる感じでした。
ってゆうか私は面白かった。
ただ、日本ってなかなかコメディ映画ヒットしないからね~
日本で翻訳されたものを見て面白いかっていったらそうでもないかもしれないけど。
ソン・イェジンはコメディのセンスありですね~。
私は涙のソン・イェジンよりこっちの彼女の方が良かった。上手いなって。
ソン・イルグクは映画みた時はこの人知らないなって思っていたらなんと31日の
KBSかSBSの演技大賞で賞もらってた。有名な人なのね・・・
[PR]



by wasahana | 2006-01-02 18:49 | 韓国系

普通な日々の記録?
by wasahana
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のトラックバック

パクヨンハ ライブ
from 天むすなり〜
【会話のネタ】芸能人
from 恋人が欲しい!彼氏彼女を作る方法
2月26日 浅田真央選手..
from 拓虎の”虎・食・音”日記
高橋大輔
from 車 イラスト
全日本選手権(五輪代表追記)
from はまかぜマリンワールドの趣味..
藤木直人 wiki 関連..
from 藤木直人 画像・動画 最新情..
女優 深浦加奈子見てみ
from 今日の出来事

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧