<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧




やっと『メゾン・ド・ヒミコ』観ました!

「いい映画」だと薦められていたのですが公開中見に行けなくてやっとDVDで鑑賞。
「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心監督と渡辺あや(脚本)コンビの第2弾です。

私を迎えに来たのは、若くて美しい男。彼は父の恋人だった。

塗装会社の事務員沙織を訪ねて来た岸本春彦という男。
沙織と母親を捨てたゲイの父親ヒミコが癌でもう長くはないという。
ヒミコが館長を務めるゲイのための老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」
でアルバイトをしないかと持ちかける春彦はヒミコの恋人であった。
父親へ憎しみと嫌悪感を抱く沙織だが、高額のバイト料と遺産の話しにつられ
「メゾン・ド・ヒミコ」へ足を踏み入れる。

終わった後に残る何かがすごくいいんですよ。
何かって何だよって感じなんだけど・・・
満足感っていうのかな?
とにかく私はすごく好きだった。2回連続で観ちゃいました。

「メゾン・ド・ヒミコ」に住むゲイの老人役はみなさん個性的で素敵でしたね。
中には本物の方もいて、キクエ役の洋ちゃんは新宿でお店やっている本物さん。
山崎役の青山吉良さんは役者さんなんだけどカミングアウトして活動している方らしい。

オダギリジョーは「時効警察」で初めて上手いなと思ったんですけど、
これも良かった。そして美しい男でした。

柴咲コウもこの映画に関しては良かったな。
他の映画やドラマは評価されてるほど上手いとも思わないけど、
沙織はほどよい感じ。

あとは細川専務の西島秀俊が出演シーン少ないながら結構いい味でした。
d0041290_3365880.jpg

                 音楽も良かったです。細野晴臣さんの。
[PR]



by wasahana | 2006-03-26 03:44 | MOVIE

日の丸を背負って。

<国別対抗野球>王ジャパン世界一 10-6でキューバ降す

野球って全然見なくなっちゃってるんですけどね、
さすがに今日は見ましたよ。
始まる前から、そして始まってからも色々ありましたけど
終わってみれば『世界一』ですからね~。
WBCでイチローのキャラ転換?が話題でしたけど、
日の丸を背負って戦うってそういうことなんじゃないかなって思いました。
なんかこうイチローの執念が試合だけじゃなくて普段野球を見なくなっちゃている
私のような人にまで伝わって最終的には準決勝・決勝はテレビ見てますから。
効果は絶大ですよ。
王監督はじめこの大会に出場した選手が今までに見たことのないほどの気迫を見せて
くれたことで、今後オリンピック(野球は北京が最後ですけど)や次のWBCに対する日本
の野球界の人達の考えがいい方向に変わってくれたらいいなぁと思います。
だいたい『世界一』を決める試合に出ないなんて考えられないし
出られることがどれだけ幸せなことか分かっていない人が多すぎる。
今回ケガ以外で断ったヤツは二度と出るな!といいたいくらいの気持ちですよ。
私なんて、今でも出られるものならなんでもいいからオリンピック出たいですもん。

まあ、普段見てない人に言われたくないでしょうね。こんなこと。

そうそう、サッカーの日本代表にもこういう気迫を見せて欲しいな。
チームが本当に1つになった時って自然と見ている側にも伝わるものなので。
何だか別の意味でまとまっていたようですけど、トルシエジャパンなんて面白かったし。
(トルシエは好きじゃないですよ。念のため)
W杯までもう少し。
こちらも盛り上がることを期待します。
[PR]



by wasahana | 2006-03-22 00:48 | 普通な日

シネマート六本木へ。

韓流シネマフェスティバルに行ってきました。
今年は六本木にオープンしたシネマート六本木というアジア映画専門の映画館。
ここってその昔はディスコやらライヴハウスやらなんやら入ってたビルだよね~
時代は変わるもんだ。
d0041290_145210.jpg今日見たのは『君に捧げる初恋』(原題:『初恋死守決起大会』)。チャ・テヒョンとソン・イェジンの映画。
一昨年ソウルに行った時にVCDを買ってみたのだけれど、途中でパソコンが固まって、それ以来続き見てなかったものなので今回上映があってラッキーでした!
映画の出来としては総合的には普通ですかね。
前半はかなりコメディ調でまあ面白いとことろもあるけれどこのまま終わったらかなりつらい・・・
後半はいわゆる韓国流の泣かせる(泣かなかったけど)作り。
まあチャ・テヒョンじゃなかったら見てないです。

ところでシネマート六本木に行って1つ収穫が!
年明けにブログで紹介した「ウェルカムトゥドンマッコル」がやっと公開されるらしいです。
ポスターがはってありました。
これは本当にいい映画だったので(all韓国語で見たので理解していないところは多々)ぜひ、日本語訳付きのものが見たかったのでかなり朗報です。
本当はこういういい映画を早めに持ってきてほしいんだけどな。
日本では興行的に難しいかもとかあるんでしょうね~
[PR]



by wasahana | 2006-03-20 02:10 | 韓国系

キミ・ライコネン

バーレーンGP決勝、王者アロンソが開幕V

F1開幕ですね。
バーレーンGPは面白かったな。
とはいえ私は邪道なF1好きなので人で選びます。
前にも書いたかな?かもしれないけど、
マンセルから始まりここ数年はキミ・ライコネン!
なのでね、どうしてもライコネン中心に見がちではあるのですけど。
昨日はトップ争いも、スーパーアグリの初レースのあたふた加減もと見所満載。
そんな中、予選のクラッシュで最後尾スタートのライコネンが着々と順位を上げ、
終わってみれば3位で表彰台!
かっこよすぎ・・・
あとはマシンがしっかりしてくれさえすれば、ですかね。
これから楽しみだな。
[PR]



by wasahana | 2006-03-14 00:56 | 普通な日

今年もap bank fes

ap bank fes’06開催が発表されましたね~
今年も行きたいな。
できれば泊まりで。
暑さと人の多さで疲れちゃって日帰りきつかったし。
夏に向けて楽しみができてよかった!
なにしろ、ゆずの追加公演のチケット取れてないもので・・・
こんなに取れないの初めてなのでどんなことになっちゃってるのかちょっと読めない。
これだけ先行予約やってるってことは一般発売なんてほとんど枚数ないだろうしね~
ってな感じで5月のゆずを諦めた場合、楽しみに頑張れるほどの予定がないわけです。
そこにap bank fes’06開催の発表で、本当にありがとう!と言いたい。
これでこっちも取れなかったら・・・なんてことは考えまい。
何事も前向きに。
なんだかんだで、ゆずもまだ行けると思っているし。

楽しみといえば6月にW杯があるんだった。
でも、ドイツに観戦に行くわけじゃないからな~
2002年の時ほどの盛り上がりではないのですよね、私の中で。
最近つい忘れがち。
始まってしまえば見ますけどね、日本戦に限らず。

あ、あとは大人計画の公演。
これもまだチケット取れてないけど。
[PR]



by wasahana | 2006-03-09 23:48 | ゆずみすちる

ジェルネイル

ここのとろこ爪が割れてばかりでボロボロだったのですが、
ネイルサロンに行ってきれいにしてもらいました!
友達の薦めで「ジェルネイル」初体験。
紫外線で固まるジェルで作る爪で地爪の補強にもなるとのこと。
爪が割れやすくて困っているのでこれはぴったり。
今まではカウンターでの対面式のサロンしか行ったことがなかったのですが、
今回は大きなマッサージチェアでくつろぎならがやっていただけるお店へ。
ガラス貼りの店内は明るくて暖かくてついうとうとしちゃいます。
でも初めてのジェルネイルに興味もあるのでしっかり見てました。
あっという間に固まるジェルにビックリ。
すぐに触れるし、しかもつやつや!
いつもはアートは自分でやるのでやってもらわないんだけどせっかくなので
ラインストーンを散らしてもらいました。
出来あがりはすご~い満足。
やっぱり自分でやるのとは違う!(当たり前か・・・)
d0041290_2256787.jpg

               今回はコンサバめで。
               携帯なので画質が・・・
[PR]



by wasahana | 2006-03-05 23:01 | BEAUTY

ひまわり

d0041290_2147189.jpg久しぶりにTSUTAYAへ。
借りたいなと思っていたものが貸出し中だったので韓流コーナーへ行って、「ひまわり」を借りました。これたまたま一昨年ハワイに行った時、ハワイでオンエアされてたんだよね~
英語字幕でハワイにいる間は1回しか見れなかったんだけど、チャ・テヒョンが出てる!ってのだけ覚えてた。

「ひまわり」は1998年に放送された、医療業界を舞台にした韓国ドラマ。
当時、視聴率40%取ったそうで。
ちょっと古いので、俳優さんたちみんな若いです。
それに今ならそれぞれ主演できる人達がごっそり出ている豪華キャスト。

医師としての天才的な技術を持っているヒョヌ(アン・ジェウク)。
アメリカ留学から戻ったかつての恋人ハギョン(チュ・サンミ)。
この2人を主人公に病院内のいろいろな人々や出来事が描かれています。
主役の2人と友人のジュンソ(ナム・ソンジン)は研修医時代の手術ミスの件で複雑な過去を背負っているようで、そこに恋愛感情も混ざって複雑な関係の様子。
そこに神経内科の研修医スヨン(キム・ヒソン)・神経外科の医師インチャン(ハン・ジェソク)・神経外科の研修医ジェボン(チャ・テヒョン)・精神科の患者スンヨン(キム・ジョンウン)などのエピソードが加わりよい味付けになっています。

他にもジェボンの先輩は「夏の香り」でソン・スンホンの先輩役だった人だったり、警備員さんで
「チャングム」のカンドックさんが出ていたりあの人もこの人もって見たことのある俳優さんたちがたくさん出ているのでそれもまた楽しみの1つ。

まだ最後までは見ていませんが、私は主軸の話しより脇の人達のエピソードが好きですけどね。チェ・テヒョンとキム・ジョンウンのエピソードは(この2人がかなり好きなせいもあるかもしれませんが)◎です。
[PR]



by wasahana | 2006-03-01 22:23 | 韓国系

普通な日々の記録?
by wasahana
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のトラックバック

パクヨンハ ライブ
from 天むすなり〜
【会話のネタ】芸能人
from 恋人が欲しい!彼氏彼女を作る方法
2月26日 浅田真央選手..
from 拓虎の”虎・食・音”日記
高橋大輔
from 車 イラスト
全日本選手権(五輪代表追記)
from はまかぜマリンワールドの趣味..
藤木直人 wiki 関連..
from 藤木直人 画像・動画 最新情..
女優 深浦加奈子見てみ
from 今日の出来事

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧